現地での味わいそのままに 
株式会社ドラフトワイン・システムの会社ロゴ

Draft Wine Systems Co., Ltd.

 

HOME | LineUp | 樽生ヌーボー®

樽生ヌーボー®

樽生ヌーボー®

 
生産者

COLLIN-BOURISSET

フレッシュさを追求し、世界で初めて、
樽生ボジョレ・ヌーボーを商品化しました。

 
新酒であるボジョレ・ヌーボーの命は、何よりも鮮度。 

樽生ビールと同じく、ステンレス製バレルにボジョレ・ヌーボーを詰めて空輸しますので、ボジョレ・ヌーボー本来の現地での味わいがそのままです。樽生ボジョレ・ヌーボーと通常ボトルのヌーボーとの違いは、工場直送の樽生ビールと瓶ビールとの違い以上。 よりフレッシュで、香りがより華やかです。

樽生ボジョレ・ヌーボーは、木樽入ボジョレ・ヌーボーとは大きく異なります。

開栓後、すぐに酸化、品質劣化する木樽入ボジョレとは異なり、窒素ガスを利用するドラフトワイン・システムなので、翌日でも翌々日でも安心。ロスが出ません。
お客様のグラスやボトルに注ぐとき、初めて、光と空気にふれるワインです。   

基本的には業務用。

あちこちの店頭で販売されているボジョレ・ヌーボーとは異なり、限られたお客様にしかご賞味いただけませんが、阪急百貨店の各店様では、今年も店頭にてボトル詰販売申し上げます。その場でご試飲もいただけます。 

Collin-Bourisset
2018年度トロフェリヨンで最高金賞受賞!!

(2018/11/13追記)

2018年の作柄

気候について

今年の春は例年よりも雨量が多く、水不足に悩まされていた土壌に良い影響を与えました。その後も天候の変化による悪影響を受けることなく、ブドウ畑は非常に良い状態を保ったとのこと。5月の最終週にはとても良い状態で開花が始まり、房の付き具合からも収穫量に期待が持てそうでした。

2018ボジョレーヌーボーの気温と降水量

 
 
  6月後半から天気はガラッと変わり、ブドウの成長に最適な、天気が良くて風も吹く好条件の天候に恵まれた夏となりました。収穫解禁日は8月27日とされており、昨年より約ひと月も早い。それほど、今年は害虫被害もなく衛生状態・成熟状態、どちらも非常に良い状態であったことを示しています。
 
 

2018ボジョレーヌーボーの日照時間
2018ボジョレーヴィラージュの風景

ボジョレーヴィラージュ地区の風景

テイスティング

10月初旬、例年同様に弊社代表の南方は今年のヌーボーの仕上がり具合を確認するため、フランスはボジョレヴィラージュ地区へ向かいました。樽生ヌーボー®の販売を始めてから毎年実際に現地でテイスティングをしていますが、今年は特にどれも美味しい仕上がりだったとのこと。ボジョレ・ヌーボー、ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボーのサンプルを数多くテイスティングした中で、ワンランク上の美味しさを実感したため、サン=ジュリアン村(※)で収穫されたボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボーが今年の樽生ヌーボー®に選ばれました。
※ボジョレヴィラージュ地区のサン=ジュリアン村です
 

 
2018コラン・ブリセでグレゴリーバルべさんとフレドリックさんでテイスティング
 
 

店頭瓶詰
毎年、ご好評いただいています

 

樽生ヌーボー®以外の量り売りについては新着情報をご覧ください。